香港で法人を設立して起業をする

香港では外国人に対する制限はなく外資100%での法人設立が認められている

1香港では外国人に対する制限はなく外資100%での法人設立が認められている。
設立には取締役と株主が最低1名ずつ必要だが、これらを同一人物で登記することが認められており、資本金も1HK$から設立可能です。

また、別の選択肢もあります。
新規に法人設立するのではなく、あらかじめ設立された会社(シェルフカンパニー)を購入し、その後名義変更するという方法もあります。
手続きが簡素化されるため、すばやく起業できるというメリットがあります。
購入後に資本金の増資や社名の変更なども行うことができます。
なお、シェルフカンパニーの購入に関する費用は、お気軽にお問合せくださいませ。

このページトップへ